※キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえる術【5】のつづきです。

長らくお待たせ致しましたが、いよいよここから本題のスカウト必勝法に入っていきます。

いきなりここから読む人は訳が分からないと思うので、

キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【1】
キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【2】
キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【3】
キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【4】
キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【5】

を読んできて下さい。

前回までの話で、シマを越えてのスカウト行為が他の店にバレてしまい、

ヤクザが店にやってきて、経営者が100万円の迷惑料を支払い、

その金額を私が支払う事になり、20歳の大学生がいきなり100万円の借金を背負ったところまでをお話しましたが、

とにかく崖っぷちに立たされた私は、どうすれば多くの女の子をにスカウトできるかを脳みそが引きちぎれるくらい考えた。

その時の思考回路は、

スカウトしても大抵の人はシカトをしてくる。何故だろう?

キャバクラや風俗に興味がないからだ。それなら興味がある人だけに声をかければいい。

興味がある人だけが集まる場所はないのだろうか?そんな場所はある訳がない。

場所はなくても、そういう人がよく見るサイトはないのだろうか?

あった!しかもこれならナンパが苦手な自分でも簡単にアプローチできる。

と、その時は『閃いたぞ!』的な感じになった。

早速、お店の比較的お話のできる嬢達に、

よく見るサイト、ブックマークしているサイトをいくつか教えてもらったところ、

嬢達が頻繁に利用しているサイトをいくつか見つける事ができた。

その中でも『ホスラブ』というサイトが頻繁に使われている事が分かったのだが、

ホスラブ』の事が全く知らなかった私は、早速サイトを覗いてみた。

どうやら『ホスラブ』とは、夜のお仕事をしている人達が集まるサイトで、

ホストやキャバ嬢や風俗関係の求人紹介の広告が載っていたり、

お店や従業員のグチを書き込める掲示板みたいのがあったり、

見ず知らずの人とチャットができるチャットルームがあったりと、

夜のお仕事をする人達の間ではかなり人気のサイトのようだった。

その中でも私は『チャットルーム』に着目した。

ここでは、『テーマ別』と『地域別』分かれていて、

テーマ別では、

・雑談
・ホストさん専用
・ホステスさん専用
・フードルさん専用
・女の子同士専用
・待ち合わせ専用
・ちょっとH
・相談室

に分かれていた。

このチャットルームを駆使して、キャバクラをやりたい子や興味がある子をスカウトしてみようと思い、色々と試したところ、

この作戦が見事にHITした。

特にホステスさん専用というチャットルームは、現在ホステスをしている人が利用するので、

お店の人間関係に不満を持っていたり、給与に納得いっていない人を捕まえるには丁度良かった。

そこらへんのテクニックは追々説明するとして、

3週間、街中でナンパみたいな声かけをひたすら1000人以上にし続けても、やっとの思いで1人しかスカウトできなかったのに、

チャットを始めて2日目には幸運な事にキャバクラをやってみたいという女の子を捕まえる事ができた。

この子はフリーターだったが、キャバクラという世界に興味があり、たまたまホスラブのチャットルームを見ていたという子だった。

完全にたなぼただったが、会う前に写メールをもらってある程度キャバクラで働けるレベルだったら会ってみようと思い、写メールを送ってもらうと、

仲里依紗に少し似ていたが、特別カワイイ訳ではなく中の上といった具合だった。

それでもお店からはBランクという事で4万円を貰い、初めて場所を選ばずナンパもせずキャバ嬢を捕まえる事に成功した。

もちろんこれだけではまだまだ目標の人数にも金額にも届かないが,

私はこのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を駆使したスカウト方法に可能性を感じ、

街中で無闇やたらに声をかけるスカウト方法からソーシャル・ネットワーク・サービス・スカウト方法、

名付けてSNSS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス・スカウト)に完全シフトチェンジを行った。

この方法により私は大学生ながらに月収80万円のスカウトマンになる事ができた。

その手法やテクニック、実際どのようなサイトを使ったのかは、これから順を追って説明していきます。