※キャバ嬢・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【3】の続きです。
(早く本題のスカウト術を教えて下さいというお問い合わせが多いのですが、何故私がその方法を編み出したのかを生々しい経緯を踏まえてお伝えしたいので、もう少々お待ちください。)

スカウト人生が始まって二週間が経ち、スカウトできた女の子は0人という状態で、崖っぷちに立たされる中、

流石になんとかしなければと思い、

ヒカル先輩のようなおちゃらけたキャラクターを演じてみようという気持ちになっていて、

根暗な私が、普段出さないような声のトーンや言い回し、顔の表情、体の動かし方、一挙手一投足にまで気を配り、売れない劇団員のように必死におちゃらけキャラを演じた。

なんと、

これが見事に当たり、新潟から大学に通う為に上京してきた堀北真希似の菜々子という女の子を初めて捕まえる事ができた。

後で菜々子に聞くと、

「なんか必死そうだったから、無視したら可哀想だと思って、話だけ聞いてみようかなと思った。」

と言われた。

本来のスカウトマンからすれば、カッコ悪く泥臭い結果かもしれないが、

サッカーでもロナウジーニョのように華麗にゴールを決めても、日本代表の岡崎慎司のように顔面から突っ込むダイビングヘッドのような泥臭いゴールでも一点は一点だ。

兎に角、人生初スカウトはこうして成功した。

後に菜々子は大学に通いながらなので出勤は少なめだったが、No.3に常に入る程、かなりの指名や売上げを上げて店の顔とも言える存在になっていく。

私はたった一人スカウトしただけなのに、有頂天になり、友人をファミレスに集め、

「好きなだけ食え!」

とカッコつけた結果、テーブルに置けない程の料理が運ばれてきて、

お会計が5万円を超えるという惨事を起こしたが、

『これから大量にスカウトすれば問題ないっしょ!』

という安易な考えしか持っていなかった。

ちなみにスカウトマンの給料の払われ方には3種類ある。

詳しくはここで説明してあります。

私のその時のお店は完全歩合制の買取型だったので、

菜々子をいれた時に5万円を一括で受け取る事ができた。

ちなみに女の子の可愛さによってランクがAからEまで振り分けられて、

貰えるスカウト料が異なるのだが、

このランク付けはヤクザ店長が行う。

Eと言われると、

『ブサイクだからそんな女は雇えないし、お前にスカウト料はやらん!』

という事だ。

Aクラスだと5万円が貰えるので、つまり、

菜々子はAランクと認められたという事。

確かに傍から見れば、堀北真希似の菜々子はカワイイし滅茶苦茶モテるんだと思う。

でもあまり私はあまりタイプではなかったので、今でも付き合いはあるが、

男と女の関係になった事は一度もない。

スカウトマンによっては、

自分でカワイイと思ってナンパした女にそのまま惚れてしまったり、

好きでもない女をマジで惚れさせて、

「俺の顔を潰さない為にもしっかり働いてくれよ!」

と色恋で管理したり、

スカウトマンとキャバ嬢に恋は付き物だが、

私と菜々子は今でも腐れ縁の友達のような関係だ。

菜々子をスカウトできて何とかクビだけは免れて、

有頂天になっていた私はこの後、

ヤクザ店長をブチ切れさせるとんでもない事をやらかしてしまうのであった。

キャバ・風俗嬢・AV女優を捕まえるスカウト術【5】へつづく