最近は出版社の方とスカウトマンの本の出版に向けての打合せでブログの更新が疎かになりがちだが、

このブログは全国の悩めるスカウトマン、もしくはもっともっと稼ぎたいスカウトマンの為に完全に無償で私が好き勝手に書いているもので、そのうち著作権の関係やらで無償で公開する事が難しくなるかもしれない。

歌舞伎町 繁華街
【まとめ記事】・・・【スカウトマン年収UP参考書】一番効率の良いスカウト方法

【心得】・・・【心得】年収1000万円オーバーのスカウトマンになる為に
【心得】・・・【心得】儲かるスカウトマンになる為に

そうなる前にリクエストにお応えして時間の許す限り、記事を更新していきたいと思う。

今回はタイトルにもある通り、

儲かる・売れる・デキるスカウトマンの10の秘訣と共通点をテーマに書いていこうと思う。

そもそもスカウトで儲かる・売れる・デキるとはどういう事なのか?

一般の営業マンであれば、会社の製品を個人(コンシューマー)、家庭(ホーム)、一般企業(ビジネス・コーポレート)、大企業(エンタープライズ)向けに様々な手法で販売をして、売上があがれば、それが売上となり評価に繋がり、給与や賞与(ボーナス)に反映される。

キャバ嬢 店内

水商売や風俗やAV女優のスカウトマンの給料システムは、以前もスカウトマンの収入|給料・給与・歩合・月収・年収の実態という記事で説明したが一般的には女性がお店に勤務し、その女の子が稼いだ報酬の10~15%が相場である。これは女の子が働き続けている限り永久的バックシステムである。

なのでスカウトはこれらのバックを獲得するために、女の子に対し様々な方法で管理をして、できるだけ長く勤務をさせ、継続的に売上を保つ事が必要になってくる。

つまりは女の子を捕まえるスカウト力も大切であるが、その後の管理能力も非常に重要になってくる。
今回はその管理能力を上げるために、私がしていた事や他の売り上げが高かったスカウトマンに共通していた10の法則と秘訣の話になる。

【10の法則】

マメに連絡を取る
マメに連絡を取る
この世界で成功するスカウトマンには絶対不可欠なものであるが、基本中の基本であるここがデキないスカウトマンが多い。
コツとしては手帳・ノート・パソコン・携帯などに、紹介した女性の生年月日や女性の特徴、簡単なプロフィール(血液型、好きな食べ物から、好みのタイプなど)を含めその後の展開などを細かく記録し管理をする事が大事である。
そのデータを基に、誕生日を祝ったり、好きな食べ物を食べさせたり、プロファイリングしたりやり方次第では色々できる。

彼女にする(色管理)
色管理 同棲 ヒモ
ある意味簡単な管理方法なので駆け出しのスカウトマンが良く使いがち。
惚れてしまったフリをして、押しの弱いMっぽい女の子に一番効果が上がる方法で一緒に住んだり、彼氏を演じることで管理する。
スカウトマンは完全歩合であるので、新人スカウトマンは収入はほとんどなく、色管理の延長線で同棲したり、女の子にご飯をおごってもらったりと、金銭面でも利用できる。
終いには色管理から段々と情が入り、スカウトとして仕事が出来なくなっていくスカウトマンも多く、また管理する人数が多くなればなる程、色管理は困難を極め墓穴を掘ってしまう事が多い。
初心者にはオススメだが、使い分けが大事。

信頼される
キャバ嬢 頼られる
女の子と信頼を築くには、何よりも積み重ねが大切。
色管理に頼るスカウトマンはまず信頼を得る事は難しい。
アフターフォローが上手かったり、良いお店を紹介してあげるなど、女の子のニーズに応えてあげる事によって、
「このスカウトマンなら安心して付いていける!」
と思ってもらう事で、勤務している店で何かトラブっても信頼されているスカウトマンの元に相談が来るし、他のお店を紹介する事にも繋がる。
とにかく継続率が高く、売上を最大化する私が実践していた最良の方法である。

友達になる
キャバ嬢 相談相手
ある意味初心者から上級者まで使える手法。
友達以上恋人未満みたいな関係となり、女の子の良き相談相手となり、色管理のような後腐れもなく、友人を紹介してくれたりと横の繋がりが増える。
またキャバ嬢や風俗嬢は情緒不安定で精神的に落ちやすい子が多いので、
『誰でもいいから相談に乗って欲しい』
と思った時に電話が掛かってくるような関係を保つ事で信頼も得られる。
①とも少し重複するが最近だとFaceBook、LINE、メールといった便利な連絡ツールもあるので活用しながら、時たま電話をしたりや手紙を渡したりとアクセントを加える事でより関係が深めやすい。

飲み屋(ホストクラブ・オカマバーなど)に一緒に行く
ホスト シャンパンタワー
飲み屋に一緒に行くスカウトマンが最近増加してきているらしく、その背景としてホストクラブやオカマバーと提携をしていて、その女の子をホストクラブに連れていき、ハメさせたりお金を使わせるという常套手段らしい。
大勢でワイワイと飲む事が好きな子や、ホストのような男が好きな女のニーズに合わせて、初回は奢るから飲みに行こうと誘う。
あとはそのお気に入りのお店に女の子管理をバトンタッチし、連携しながらお金を浪費させるのである。
最近ではさらに悪徳になり、女の子にツケで遊ばせ続けさせ、回収不能になった所でヤミ金に借りさせてツケの支払いをさせ、スカウトが高収入が得られる仕事(ソープランドやAV女優)に転属させるなどして問題化してきている。
この手法に関して私も何度か経験した事があるが、確かに転属させた時のバックは非常に多いが、継続勤務はほぼ無理に等しいので長い目で考えればあまり効果もなく、モラルに反していると思うのであまりオススメできない。

自分の管理をしている女性に管理させる
女の子 同士 管理
自分の管理をしている女の子に、他の女の子を引き抜きさせたり、店舗で仲良くなった女の子と連絡を取らせる方法である。
色管理であれば『彼氏の成功の為に・・・』と動いてくれるし、信頼を勝ち得ていれば『このスカウトマンの方が色々親切だし、紹介するよ!』と自信を持って紹介してくれる。
しかも紹介した側としての責任も感じてかある程度、継続的に勤務できるように勝手にフォローをしてくれたり、管理をしてくれるもので、こちらとしての手間も省けたりもする方法で非常に効果的。

あえて管理しない
スカウトマン スケジュール管理
これは売れてくると体験入店や面接のアポイントなどで多忙をきわめ、管理が疎かになりがちだが女の子によってはしつこく連絡してくるスカウトマンよりも、少し距離をあけた方がうまく関係性を築く事ができるような子もいる。
かまってちゃんのような子であっても、ウソでもいいから事前に多忙である理由を伝えたり、ある程度先にご飯でも食べる予定を入れておくことによって、ほったらしにならず調度よく繋がっている感覚にさせられるので、こちらとしてもスケジュールが立てやすく、逆に管理がし易くなる。

女の子から連絡が来るまで連絡しない。
客とのトラブル
⑦と多少重複するが、売れてくるとスケジュールが非常にタイトな中で、一度女の子を店舗へ紹介すると、女の子から連絡が来るまでは特にコチラからは連絡を取らないという手法で中堅クラスのスカウトマンに多い傾向である。
毎日コチラから連絡をとったりするより、初めに良い印象をつけておき、肝心な連絡が来た時だけ迅速にキッチリと誠意ある対処や行動する事が大切である。
特にこういう世界で働く女性は、一般の女性以上に比べてトラブル(身内バレ、旦那や彼氏、客などの男関係、借金関係、店の女の子関係など)を抱えることが多いので、あえてそこを利用する。

デキるスカウトマンを演じる。
スーツ着こなし
デキるスカウトマンを演じる事で、自分自身の付加価値を上げ信頼を寄せる。
時には超多忙な売れっ子スカウトマンを演じたりし、多くの女の子から頼られているスカウトマンであると信じ込ませるのである。
また自分を尊敬している部下がいるところをアピールしたり、実際に部下を連れて面接に行ったり飲みに連れて行ったりしてグループで囲い込むのも大切。
一流のスーツを着こなし、ブランドものをさりげなく身に着けるなどの、身嗜みからも仕事デキるオーラーは出せるので、見た目にも十分気を使うことが非常に重要。

褒めて褒めて褒め倒す
キャバ嬢 風俗嬢 コンプレックス
これは新人のスカウトマンでもできる事だし、今からでも実践できる事なので、やっていない人は試してほしい。
褒められて嫌な気持ちになる人はいないし、水商売・風俗・AVといった世界で働く女性は非常に美意識が高く、『誰かに褒められたい』と思っていて、心理的に褒めてくれる人を求めて近寄ってくるもの。
どんな女の子であれ容姿や正確にコンプレックスがあり、不安を感じている女の子が多い事を逆手に取り、
「何百人、何千人って女の子見てるけどお前相当カワイイよ!」
「全然普通だから気にすんなよ!」
とかなり大袈裟でもいいので褒めたり安心させたりするのである。
そして何よりも聞き上手になってあげて、『どこを褒めてあげると嬉しいのか?』『どこに一番コンプレックスを持っているのか?』をしっかり聞き出すヒアリング力が重要である。
ただ例外として、ドMの女に対しては時には叱る事も非常に大事なので使い分ける事。

この10の方法を心掛けて実践できているスカウトマンは管理ができており、女の子もモチベーションが高く継続勤務してくれるので必然的に売り上げも高い。

そこまで難しい内容ではないと思うので、稼ぎたいスカウトマンは今からでも実践に移してほしい。

とは言え、管理をするにも、まずはスカウトに成功しない事には管理する女の子すらいない状態になり色管理に頼らざるを得なくなり、売れないスカウトマンとして深みにハマっていくだけなので、

まずは効率よく1人でも多くの女の子をスカウトする事が重要である。

【まとめ記事】・・・【スカウトマン年収UP参考書】一番効率の良いスカウト方法

スカウトとはトータル的なバランスがとても大事なので、この記事や上記以外の過去の記事を参考にしてもらえればと思う。