スカウトされやすい場所を調べていると、
スカウトされやすい人やスカウトされやすい服装、
スカウトされやすい条件なども出てきました。

どのような方がスカウトされやすいかは、
以下の通りです。

あくまで確信があるわけでは、ございませんが、
当時、自分がネットで調べた結果です。

■清楚な服装の人(女性)
■女性は、ナチュナルメイクの人(女性)
■どちらかと言うと清楚系な人(女性)
■素材な人(男女ともに)
■スタイルがいい人(男女ともに)
■体のラインなど、スタイルのわかりやすい服を着ている人(男女ともに)
■中学生までは保護者と歩いてる人(男女ともに)
■笑顔が素敵な人(男女ともに)

一般的なものは、
こんな感じでした^^;

もう少し詳しく書いている内容では、
以下のような感じでした。

まず、服装についてですが、
何よりも大切なのが清潔感です。

また、スタイルが良く見える服装や
体のラインがハッキリわかる服装など、
この2点は、抑えておくべきだそうです。

スカウトマンは、おしゃれな人よりも、
素朴でまだ磨かれていない原石を探しています。

例えば、髪の色が黒かったり、
制服をキチンと着ていたり、
どんどん、綺麗になりそうな人を探しています。

ですので、清潔感のある好感度の
高い服が1番オススメなのです。

次に、どういう人がスカウトされるのかですが、
ほとんど直感的な要素ですが、
雰囲気やオーラが、とても大切らしいです。

その人独特の雰囲気や
オーラがあれば声をかけられます。

また、服装や言葉遣いは、
両親からどんなことを学んできたのかが、
わかるので、厳しくチェックされています。

中学生以下の人が対象となる内容ですが、
友達と一緒にいたり1人でいるよりも、
親子でいる方が、圧倒的に声をかけやすいという傾向があります。

さらに何よりも、
まだ完成されていなくて、
磨く余地のある方がスカウトしたくなるのだそうです。

次に、日時ですが、
一般的にはやはり、日曜、祝日がスカウトマンが多いですが、
人通りが多いので見逃してしまうことが多いのだそうです。

だからあえて、人が少ない平日に行って、
スカウトマン全員にしっかり見てもらう方が
良いかもしれません。

ですが、自分がスカウトされたのは、
平日は、2回だけで、
残りの全てが日曜日でしたが^^;笑

時間帯は、詳しく言うと、
16時~18時がオススメと
当時は、書いてありました。

一般的に、
原宿のGAP前と竹下通りの入口に、
沢山のスカウトマンがいるそうです。

このようなスカウトマンが、
沢山いる場所で、記念写真などを撮っていると、
スカウトマンからの注目度が高まるそうなので、
ちょっとした、裏技と書いてありましたが、
全くこちらは、根拠がないような気がします^^;笑

当時、自分が検索した結果では、
以上のような人が、
最もスカウトされやすい人の特徴でした。

残念なことに、
ほとんどが女性向きで
書かれているものが多かった気がします。

今日の記事の内容も、
若干女性向きの内容の気がして、
男性の方には、少しばかり申し訳ないです^^:

当時の自分も、せっかく調べたのに、
女性向きで書かれていたので、
とても残念だったのを覚えていますが、
いくつかの内容は、自分が所属している事務所側から
常に言われて続けていた共通点が、
いくつもあったのは、事実です。

例えば、

■清楚な服装の人(女性)
■女性は、ナチュナルメイクの人(女性)
■どちらかと言うと清楚系な人(女性)
■素材な人(男女ともに)
■スタイルがいい人(男女ともに)
■体のラインなど、スタイルのわかりやすい服を着ている人(男女ともに)
■笑顔が素敵な人(男女ともに)

以上のようなことは、
ドラマや映画のオーディションの時には、
気を使ってくださいと、
事務所側に言われていたことと全く同じです。

オーディションでは、第一印象がとても大事ですので、
服装は、清潔感のあり、
体のラインがハッキリわかるものが良いと
いつも言われていました。

また、審査員の方に対して、
笑顔で受け答えしている人に対して、
悪い印象を抱く人など、まずいません!

ですので、笑顔の練習をするようにとも、
講師の方から言われ続けていました。

そして、女性の場合は、
ナチュナルメイクの人が最も印象が良いので、
自分の所属していた事務所では、
厚化粧は基本的に禁止でした。

また、これは、
男女ともに言えることなのですが、
眉毛は、非常に大事です。

眉毛が薄かったり、細かったりすると、
時代物の映画やドラマのオーディションでは、
100%落ちます!

時代物以外でも、
眉毛が薄かったり細かったりは、
まず審査員の方には、好まれません!

以上のように、
スカウトの特徴を書きましたが、
スカウトをされたいと思い、
スカウトを待っている方に対して、
言えることは、スカウトを待つよりも、
オーディションを受けた方が早いということです。

昨日の記事にも書いたように、
大手芸能プロダクションから
スカウトされる確率は、
米俵一俵の中から、一粒の米を選ぶときに、
その一粒の米粒(自分)が選ばれるかどうか位の確率です。

受身の姿勢では、
夢を叶えるまでに、かなりの遠回りになりますので、
自分から、行動を起こすべきです!

スカウトされた人の方が、
かなり有利というのも事実ですが、
オーディション組の方でも、
かなりの人数の人が、メジャーデビューしているのも事実です。

ですので、
スカウト待ちしている方は、
ぜひ芸能事務所に履歴書を送ってみてください。

出典:スカウトされやすい人やその条件!! スカウトされやすくなる方法!!