これまで私が大学生時代に行っていたスカウト実践法を一通りご紹介してきました。

スカウトマン 新宿 歌舞伎町

如何だったでしょうか?

今まで紹介したのは、初級から中級といったところだろうか?

厳密に言うと当時の年収の960万円の内、800万円くらいはスカウトの収入によるもので、残りの160万円はスカウトを応用した別の方法で稼いでいた。(その方法はspaやナックルズの取材の時は答えていない)

順を追ってその方法も公開していこうと思う。

ただ逆に言えば、今まで私が紹介したコミュニティサイトやsnsを使ったスカウト方法だけで、1日に平均1人はスカウトできて、年収は800万円は達するという事だ。

ちなみに何度か紹介している後輩の吉岡君もこの方法で同様に稼いでいて、現在は年収1000万円を超えているらしい。

私より収入が多いのは当然の事で、私は当時学生だったので学業の傍で、時間があまり取れない中で、移動時間や休み時間を利用して女の子をゲットして、学校が終わる夕方頃に池袋のスタバで待ち合わせをして店に連れて行くという手法だったが、

後輩も他のビジネスを一つやりながらではあるが、比較的時間に融通が利く仕事なので、スカウトに専念できるのだ。

慣れてきてある程度のクオリティーがあれば、数打ちゃ当たるじゃないけど、まめに掲示板を更新したり、メッセージを送った方がスカウト率は上がるので、当然と言えば当然の結果だ。

しかも私が行っていた5年ほど前よりもスマートフォンが普及して、今の方が格段にコミュニティサイトやsnsなどを使ってスカウトしやすくなっている。

ただ一つ注意点をお伝えしておこう。

これまでの記事は文章に書き起こす為、できるだけシンプルに簡潔にお伝えしてきてしまったので、

『簡単にスカウトできて、簡単に稼げそう!』

と思う方も多いかもしれないし、実際この記事を読んだ数名の方から、

『すぐ稼げますか?』
『この方法なら楽勝ですね!』

というメッセージを頂いたが、私は全ての方のメールの最後に、

『ただ、そう最初から簡単にはいかないと思うので実践を通じて色々なケースを試して自分のスタイルを確立して下さいね。』

と送っている。

というのも、私自身がこの手法を編み出してから記事にあるように、菜々子を初めとして、数名はすぐにスカウトに成功する事ができたが、

そこからは中々捕まらず苦戦を強いられたからだ。

ただこのスカウト手法に間違いはないという自信があったので、

『どのコミュニティーサイトがサクラが少なくコストの掛からないサイトなのか?』
『利用者の年齢層はどれくらいなのか?』
『どういう掲示板のタイトルにすれば一番女のコの食いつきがいいのか?』
『どういうメッセージを送れば相手は興味を持つだろうか?』
『キャバ嬢はどういう事に関心があるのだろうか?』
『風俗嬢はどういう事に関心があるのだろうか?』
『サイト内で捕まえた子とどのようにして約束を取り付けるのだろうか?』
『もしブスが来てしまったら時間の無駄になるけど、どうしようか?』

などなど、、、

数え上げればきりがないが、そういった疑問点や不安要素を一つ一つ潰していった上でのスカウトの方法なのである。

つまり今までのスカウト実践編の記事は、私が頭を悩ませて、脳みそが引きちぎれる程に考えに考えて導き出した建設的かつ合理的な方法なのだ。

時間的に余裕のない人であれば、ここからサイト全てに登録だけ済まして、全てのサイトに無料期間や無料ポイントが付いているので、無料の範囲で試してみるといい。

それだけでも1人や2人は確実に捕まえられるので、手応えを感じてから初めて課金をすればいいし、

『このスカウト方法は自分には向いてないな。』

と思ったら、従来のスタンダードなスカウト方法に戻せばいい。

ただ、しつこいかもしれないが、これだけインターネットやスマホが普及しているのだから、現代におけるスカウト方法で、これを上回るスカウト方法は絶対に存在しない。

ルールを守って、コツさえ掴めばどんな人でも確実に成果は上がる。

仮にあなたに売りたい洋服が100枚あったとして、

街中で通行人に向けて一人一人に「買ってくれませんか?」

と言うのと、

インターネットの掲示板やオークションを駆使して、「芸能人の◯◯も着用のあの◯◯が今なら特別で◯◯円です!」

とするのとはどちらが効率的で短時間で売上を上げられるかは、火を見るよりも明らかである。

ここまでの記事を全て読んだ方は、私以上にスカウトマンとして成功して、私の当時の960万円という年収を上回る術は身についているはずだ。

あとは実際行動に移していくつのハードルを越えられるかだ。

あなたのスカウトマンとしての成功を心より祈っております。